Jabotabek 鉄道ランド

インドネシア・ジャカルタにて元気に運転している日本からの譲渡車両の情報を中心とするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

一日で東急8000系全3編成撮影達成☆

タイトル通りいつの間にか達成してしまいました!!

まあ3編成しかないんですが、それでもわずかな時間で3本とも来てくれてうれしかったです。

ということで今日、ジャカルタに住み始めて2回目の撮影に行ってきました。
これまで車がなく、行くにも無理があったのでいけませんでしたが、先週にやっと車が届き、宿題も昨日のうちに済ませたので、行くことができました。

今日はマンガライ駅に行きました。マンガライ駅は大阪で言うと天王寺に当たるような駅です…(比べるともっと田舎ですけど…)午後からはいつものように大雨が降りあいにくホームの端の撮影は撤退し、ホーム真ん中で精いっぱいでした。ちなみにもうすぐジャカルタは雨期に入るので毎日のように大雨が続くと思います…

この記事では東急8000系全3編成をまとめたいと思います。
それでは…

8003F
DSC07355_convert_20101003233303.jpg

かつて大井町線で使われていた5両に東横線8025Fの3両を足した編成です。
今回見て面白いと思ったとこは、この編成の側面の表示幕は東急時代のまま残っており、3種類の表示幕を見ることができました。
その三種類が「菊名」、「こどもの国」、「試運転」です。なんかすごいコンビですがいろいろな日本の面影が見れると懐かしく感じます。何といってもつい最近まで日本にはっ知っていたわけですから…
DSC07361_convert_20101003235223.jpg
「菊名」行き表示幕

8007F
DSC07332_convert_20101003234540.jpg

8007Fはかつて東横線の「伊豆のなつ」塗装編成で8両編成そのままがジャボタベックで2008年までその姿で走ってましたが、その後ほかの車両と同様の塗装となり、東急の面影がまた一つなくなりました。

8039F
DSC07434_convert_20101004000422.jpg

これは個人的にジャボタベックで活躍する8000系のなかで一番好きな編成です。
なぜなら前面できちんと東急時代の面影が残っているからです。僕が見たときはコタ方面の幕が「急行 元住吉」、反対側が「通勤特急 菊名」と堂々と表示していました。それにこの8039Fは2010年塗装に変更されていましたが、意外と黄色+緑色よりも似合っている感じがします。こういう面でこの車両が一番気に入っています。

DSC07444_convert_20101004001235.jpg
このまま本当の菊名まで行きたいですwww


いかがでしたか?写真も決して良い出来とはいえませんが、3編成撮影できたことでも個人的には達成感が出ました。本日の他の撮影記はまた次回お伝えします。今日はもう寝ますww

ではここで。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。