Jabotabek 鉄道ランド

インドネシア・ジャカルタにて元気に運転している日本からの譲渡車両の情報を中心とするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マンガライ駅での撮影記

前回に紹介した8000系全編成撮影達成の日に撮影した他の写真をご紹介します。
先週までずっと勉強ばかりで更新する時間がありませんでした...そして今週は学校が休みでやっと記事も書けるようになりました。。。

それではどうぞご覧ください。なお、8000系の写真は前回に載せたので、本記事からは除外させていただきます。

DSC07447_convert_20101019202605.jpg
マンガライ駅駅名板

DSC07327_convert_20101019125145.jpg
最初に見た譲渡車両、元東京メトロ東西線5000系66F
この車両も日本で顔を合わせていた05系と再び顔を合わせることができるんですね。。。

DSC07337_convert_20101019130009.jpg
現地車両登場!!KL3系87108Fです
大雨にも関わらず、ドアのステップで立っている乗客がよく目立ちました…あの、なかに入ったら??ww

DSC07344_convert_20101019164109.jpg
半譲渡車両??イチオウ三田線6000系6187Fです。
これは大量に余った中間車を合体して、先頭を現地製のものを取り付けた編成です。このような6000系は多数ありますが、どれも顔が少々異なっていて、僕はこれを「虫」と呼んでいますww(←なんとなくそう見えます。)

DSC07380_convert_20101019165424.jpg
元東急8500系8611Fです。
こちらは出場後、塗装が青がベースの2010年塗装に変更されています。

DSC07400_convert_20101019170612.jpg
元東急8500系8608Fです。
こちらは8611Fと違って、塗装が緑と黄色がベースの塗装です。一応「新塗装」と呼ばれています。

DSC07395_convert_20101019195116.jpg
エコノミー列車が到着したときのマンガライ駅の様子。すごい人です…
ちなみにこのホームの反対側のドアもエコノミー列車なら常に解放状態なので反対側からも列車が完全に停車してなくても降りるほとなどがいます。結構すごい光景です。

DSC07415_convert_20101019200323.jpg
元東西線5000系59Fです。
5000系は全3編成とも2010年塗装に変更されていますがこの編成には前面に「快速 大手町」と書いてある表示がまだ残っています。日本時代の面影ですね…
…ってかオッチャン!!←インドネシアは思いがけないたくさんの障害物が自然に入ります。慣れないと…

DSC07422_convert_20101019201725.jpg
KL3‐20001系です。
この形式、理解できないんですよね…現地の車両の中では比較的新しいほうなんですが、形式が異常に離れていることや、その他いろいろあまり理解できない形式ですww

この後8039Fが来て帰りました。
今回の撮影は結構楽しかったです。いろいろな出会いもありましたし、不思議な光景なども見ることができて、楽しかったと同時に面白かったです。
今週は休みなので、木曜日に撮影に行こうと思います。
それでは今回はこの辺で…

っとその前に…









DSC07410_convert_20101019211156.jpg
「新聞を売るおじさん」
都営三田線が来たときに新聞売りのおじさんが話しかけてきて、自分を撮ってほしいとリクエスト。
喜んで入れました。後で修正さえすれば、フォトコンテストに出しても???

一応僕の今日の一枚です!

ではここで失礼します。次回もお楽しみに!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。