Jabotabek 鉄道ランド

インドネシア・ジャカルタにて元気に運転している日本からの譲渡車両の情報を中心とするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

JAL ジャカルタ~成田便 12月1日で10周年!!!!!

お久しぶりです。

前回にデポック電車区に行くと言いましたが、都合上行くことができませんでした。

金曜は学校が休みだったのでインドネシアで一番発達している空港、ジャカルタ・スカルノハッタ国際空港に撮影に行きました。

8時ごろ家を出て、おおよそ1時間弱で車でいけました。

まあこの詳細は近日投稿します。

今日はちょこっとJALのホームページを開いてみました。すると「さよならB747」のページが開設してました。探ってみると、気になるポスターがありました。

ポスターは以下のリンクからアクセスしてみてください。
JALギャラリー(ありがとうジャンボ)

実は今日から4日後の12月1日はジャカルタ~成田便の就航10周年記念なんですよね。
今日知りました。。。

ポスターを見ると就航当時はB747を使用していたようですね。

ジャカルタ便と言えば、この10年間でいろいろと思い出があります。
ここで紹介したいと思います。

ちょうど就航し始めた時に父が出張でジャカルタに行った時があるのです。当時僕はとても幼かったのですが、結構記憶にあります。
父が搭乗し滑走路で加速し始めた時にいきなり急ブレーキをし、もう一回滑走路の端に戻り、再度離陸しようとした時に再び停止。この後結局エプロンに戻り、乗客全員を下したそうです。
そのあと、父の出張はキャンセルされ、帰宅したのです。

やはり上のサイトを見ると、当時はジャカルタにもJALでB747が来ていたのですね。。。

僕自身がジャカルタ線を使用したのは今年の6月に引っ越す前に家や学校の下見に行ったときに利用しました。

その時にはもうすでにB777‐200になっておりました。

ジャカルタ行きJL725便は成田を10:50発で、おおよそ8時間後にジャカルタにつきます。
初めてジャカルタに行くので着陸の際に見た景色は何とも言えない光景でした。

ジャカルタのスカルノハッタ空港は市内から離れており、この地域の家はどれも貧しいような家ばかりです。

「本当にここに住むんか。。。」というのが僕の最初の印象でした。

でも結果的にはいい住み心地ですww

こちらに引越してからの思い出としては、ジャワ島中部の火山が噴火した際の被災地のためにJALがジャカルタ線を使用し、昔使っていたモーフなどを輸送したのが記憶に新しいです。

では今のジャカルタ線はどうなっているかというと、所要時間は一緒で、機種が僕が乗った777-200と比べ、さらに大きい777-300を使用しています。

また、サービス面でも、ファーストクラスからエグセクティブクラス、プレミアムエコノミー、エコノミークラスと、四種類の座席があり、食事も充実していると思います(?)

10年がたち、ジャカルタ線でも多数変更点がありますが、JALとして引き続きジャカルタ線が飛び続けてほしいです。

ちなみにジャカルタには現地の大手航空会社、ガルーダインドネシア航空が成田へ飛んでいます。また近日ANAも就航するそうですね。

ジャカルタ~日本間をより結びつけるため、どんどん発達してほしいです。

今後の動きにも注目したいです。

ではでは

(ちなみに撮影に行ったときにJAL便は撮影することはできませんでした。。)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。