Jabotabek 鉄道ランド

インドネシア・ジャカルタにて元気に運転している日本からの譲渡車両の情報を中心とするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

デポック車両基地を訪問<その1~旅編~>

こんばんは、

先週の日曜日に鉄分補給へと行ってきました。久しぶりに鉄分を味わった感じがしてよかったですwwwww

今回の目的は最近試運転を終えたばかりの元東京メトロ6000系を見ること。
6000系は6115Fと6126Fがジャカルタへ譲渡され、どちらも改造を終了し、試運転もすべて終えました。現在、この2編成はデポック車両基地にあると聞き、見に行ってみようと思いました。

いつもは車でマンガライ駅まで行って、そこから主な目的地へと移動するのですが、今回の目的地はデポックで、マンガライ駅よりかはだいぶ南です。僕の自宅はジャカルタ南部にあることから、車で家から一番近い駅へと行きました。これがPasar Minggu(パサールミング)駅です。家からはマンガライ駅と比べ、車の乗る時間が減ることになり、渋滞に巻き込まれることも少ないため、これからこの駅を起点に行動しようと思いました。

このパサールミング駅からデポックへはエコノミー先発ということで、エコノミーの切符を買い、乗車。一番前に乗車し、エコノミーにしては車内は比較的すいていました。(”すいてる”の感覚が少々異なるのでご了承をw)

ここで、Depok Baru駅に到着。ここかな?と思い、降りてみたら、デポック駅はもう一個先の駅でした。

僕は次がエコノミーでないと車内へは入れません(持っている切符がエコノミー専用の切符であるからです)。でも来たのは元東急8510FのエコノミーAC。目指した目的地は運転席!勇気を出して、一駅分乗っていいかと聞くと、戸惑わず、「どうぞどうぞ!」のノリで乗せてくれました。

DSC00393_convert_20110624224203.jpg
今回乗った東急8610F 幕は昔の「急行」とジャボタベックオリジナル幕

DSC00394_convert_20110624225418.jpg
運転席の雰囲気。乗務員室には3人乗務していました。

DSC00408_convert_20110624232918.jpg
全面車窓。網がやはりちょっと。。。って感じですが、まあいいでしょうw

運転席に入って移動するのは人生で初めてです!(日本ではまずありえないw)

こうしてデポックまでの短い時間は過ぎました。デポックに着くと少しだけ撮影。

すると。。。

DSC00426_convert_20110624234752.jpg
ジャカルタ方面行きのエコノミー車が入線 なんか人の量がいつもより多いけどな。。。

後ろを見ると、、、

DSC00432_convert_20110624235858.jpg
うわぁぁぁぁぁ!!!!すごい人!!!
多分サッカー試合かなんかがあったのでしょう。。。

こんなに電車の屋根で盛り上がっている人の姿は初めて見ましたww

因みにインドネシアではサッカーとバトミントンが主なスポーツと言われており、サッカーはいろいろの人から見られています。インドネシア人はサッカーの試合で勝つと喜びすぎてテンションがおかしくなってしまい、バスの屋根で騒いだりするときもありますw 今回は電車での騒ぎ。。。これから試合なのでしょうかね?

これはたぶん阪神ファンが阪神梅田駅から甲子園球場へ行く際、盛り上がりすぎて、屋根に乗ったり騒いだりする感覚でしょうか。。。想像してみるとすごいですww

このあと、デポック車両基地へと歩いていきました。

続きはまた次回紹介します。

以上、旅編でしたw

ではでは
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

どうも、また来ましたw
非冷房車両の黄+オレンジは何鉄道ですか?・

キハ47 | URL | 2011-06-25(Sat)23:01 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。