Jabotabek 鉄道ランド

インドネシア・ジャカルタにて元気に運転している日本からの譲渡車両の情報を中心とするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ジャカルタでも鉄道フェスティバル!

こんにちは、

先週、とあるイベントへ行きましたので報告します。

場所はタンジュンプリオク駅です。この駅はオランダ植民地時代からある駅で、構造がとても魅力的な駅で今でも残されております。この駅へ入線する車両はごくわずかで、現在はジャカルタコタ~タンジュンプリオク間は不通となっております。現在はこの不通区間を復活させようという取り組みが行われております。

もっとこのタンジュンプリオク駅やジャボタベック鉄道に関して一般の人に知ってもらうため、今回、タンジュンプリオク駅にて鉄道イベントが行われました。

DSC05638_convert_20111127111936.jpg
タンジュンプリオク駅のホームの様子。屋根が非常にダイナミックです。今回僕がここに来るのも初めてです。

DSC05646_convert_20111127112203.jpg
地元の人が出店するブースや、パフォーマンスステージなどもあり、多くの人でにぎわっていました。
ちなみにこの写真の一番手前にあるブースは鉄道関係のものをディスプレイしていたブースで、今回訪れた多くの鉄道ファンはこのエリアに密集していました。ここで、まだあったことのない鉄道ファンの方ともお会いすることができよかったです。

DSC05639_convert_20111127112443.jpg
ホームでは特別ラッピング済みの客車が展示されており、中では写真などの展示会が行われていました。

色々見回ったところで、他の鉄道ファンらと帰ることにしました。実はこのイベントのために無料のシャトル電車が運転されているとのことで、これを利用しました。車両はメトロの05系です。

DSC05641_convert_20111127112834.jpg
シャトル電車に充当されたメトロ05系107F

この電車は経路は以下の通りです:
タンジュンプリオク→アンチョール(通過)→ジャティネガラ(方向転換のため運転停車)→マンガライ(通過)→ガンビールです。途中運転停車以外、は終点のガンビールまでノンストップでのんびりしたひと時でした。
この電車は入庫のためガンビールから折り返し、マンガライ経由でブキットデゥリ電車区へ入庫します。ちょうど皆でマンガライへ行こうと思っていたため、運転手さんに聞いてみたところ、マンガライまで乗せてくれることに!!ということで、ガンビール~マンガライ間、完全鉄ちゃん輸送となりましたww

DSC05662_convert_20111127113137.jpg
マンガライ駅で降りてブキットデゥリ電車区へ入庫していく05系107F。表示幕は高田馬場になってましたw

この後、TM6000系6112F&6106Fジャカルタ到着!!へと移りました。

インドネシアでも鉄道フェスティバルを行うのも不思議な感覚ですが、今後の鉄道路線発達に期待したいところです。

今回はこの辺で。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お久しぶりです!!
レイアウトをそっちに持っていけば地元のファンの人の注目の的になるかも!?
なんちゃって


客車のほうは気になりますね・・・なんかあやしいかも(笑)

千里鉄道 | URL | 2011-12-01(Thu)22:24 [編集]


Re: タイトルなし

千里鉄道様、

コメントありがとうございます。
今回のイベントでも、KATOさんから発売しているスターターセットのHOゲージ版のようなものが展示されていました。鉄道ファンの多くはここに密集し、本当にシンプルなループ線を走る機関車と貨車2両でしたが、ものすごい注目を集めていました。千里鉄道様のレイアウトは上等ですのでもし持ってきたらこれ以上に凄い注目を浴びると思います。

今度客車関係(特急列車)の記事も書いてみたいと思いますので、その時もお楽しみに!

これからもよろしくお願いします。

209kei

209kei | URL | 2011-12-04(Sun)12:15 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。