Jabotabek 鉄道ランド

インドネシア・ジャカルタにて元気に運転している日本からの譲渡車両の情報を中心とするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

千代田線・常磐線車両 続々と運転開始

こんばんは、

長い間放置状態で申し訳ございません。今めちゃくちゃ忙しい時期ですww

先週末、久々に鉄分補給してきました。

まず、メトロ6000系ですが、現在は6126Fと6115Fが既に運転していますが、以前に到着した6112F、6008Fなどは現在改造は終わっているようです。6112F試運転もすべておわり、営業運転を待っているだけです。この編成の主な違いは6115F、6126Fと違い、投石防止網のふちが黒色になって、より自然な雰囲気となりました。また前面の形式番号も、以前は黄色に塗り替えていましたが、今回では千代田線時代の緑色が残っています。
203系のほうですが、現在マト66F、51Fに加えて、マト68Fと69Fの計4編成が運転開始しています。マト68Fと69F女性専用車両のラッピングがつけられています。マト52Fですが、現在まだ調整中だそうです。

先週末に行ったときは203系、6000系に乗車することができ、その乗車体験を少し報告をしたいと思います。

メトロ6000系
乗車編成:6115F
乗車区間:マンガライ~コタ

DSC04307_convert_20120410201500.jpg
マンガライ駅に入線した6115F

マンガライで次の電車でコタへ行こうと思って入線してきた電車が6000系で迷わず乗車。今回が初乗車でした。ブカシから来た電車で、車内は日本の通勤時間帯並みです。日本の都会のような本数はないので、次の電車が来るまでの待ち時間は相当です。またダイヤ改正後、上り列車はコタ行き(中央線)とタナアバン経由ジャティネガラ行き(環状線)と交互に走っているので余計に本数が少なくなってしまいましたw

DSC04309_convert_20120410201656.jpg
混雑している車内

肝心の6000系ですが、ジャボタベック鉄道では必須の冷房の効き具合は他のメトロ車両と変わらずきれいで心地いい環境を持っています。満員電車でも、汗はかかないくらいです。
走行も発進時も含め、スムーズで快適な乗車でした。目を閉じて音だけを聞いてると日本で乗っている雰囲気でした。
日本時代からある面影で一番印象に残ったのは扇風機と消火器です。扇風機はなんと営団マークが残っており、消火器も「綾瀬検車区」と書かれたものがそのまま設置されています。また、つり革もそのまま使用されており、優先席部分では「この付近では携帯電話の電源をお切りください」と日本語で表示されています。優先席もジャカルタではうまく活用され、日本時代の優先席表示シールは外されていても、ジャボタベック製のシールが張られています。

DSC04310_convert_20120410202142.jpg
営団マークが残る扇風機

DSC04313_convert_20120410201834.jpg
綾瀬検車区所有の消火器がジャカルタにも


JR203系
乗車編成:マト68F
乗車区間:ジャヤカルタ~ガンビール

DSC04458_convert_20120410202802.jpg
ジャヤカルタ駅に入線してくるマト68F

コタ駅で203系を待っていてもなかなか来なかったので、引き上げようと05系に乗り込みました。次のジャヤカルタ駅に着くと向かい側のコタ行きが203系で、即05系を離れ、203系を待つことにしました。ジャヤカルタ駅も意外に構図のいい撮影地で、日本にいる時みたいにホームの端か電車を待機してまってました。入線し、乗車しようと中をのぞくと凄い人!!!!日本の朝の通勤ラッシュ並みでした。そんな中、ガンビール駅まで過酷な乗車が続きました。
DSC04463_convert_20120410202619.jpg
大混雑中の203系車内

DSC04462_convert_20120410202425.jpg
乗車した車両のナンバープレート。日本時代のものをそのまま利用

エアコンに関しては快適で問題ないしと言ったところです。座席も変更されずそのまま使用されているという事で快適でしょうw(僕はドア付近で立ってましたw)国鉄車両らしい性能などそのまま残っていますが、現地の人からはあまり好みでないそうです。今まで05系など、比較的新しい車両が入ってきているせいか、203系は乗り心地が悪いと言われています。
日本でも何度か203系は利用しましたが、確かに加速率は高いし、ドアが走行時にガタガタと震えますが、これは個人的には国鉄ならではの味わいがあっていいと思うんですが、インドネシア人にはそういうことは伝わりませんwww(特に一般の人たち)。

実際にどういう感じかを今回乗車したときに体験してみると、インドネシア人の気持ちがわかりました。混雑の中、ドアが閉まるとすぐ発車します。そのため乗車したばかりの人はまだ移動中です。その間に「ガタン」と電車は揺れ、乗客が全体的に倒される感じです。押されたり自分も倒れかけたりと。。。特にドア付近はつり革がなく、持つところがないため、倒れやすかったです。
ドアのガタガタですが、やはりありました。友達の友人は大学に通うのにたまに203系に乗車しますが、がたがたする音で寝れないとのこと。満員ですとこのガタガタ音はありませんが、ジャボタベックは意外とスピードも速いので、ガタガタ音は空いているときにはすごく響くと思います。。。
冷房の効き具合のおかげで汗をかくことなく無事ガンビールまで乗車することができました。

以上、常磐線と千代田線を活躍した2種類の車両の乗車記でした。今後の参考になれば幸いです。

今回はこの辺で。。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめまして。千代田線沿線に住んでるものです。

久しぶりにあの懐かしい扇風機を見ました!
そしてキノコ貫通路も健在のようで嬉しいです!

203系は綾瀬~亀有間の直線でドアをものすごい音を鳴らしながら走ってましたがたしかにあれは一般の乗客からすると不評ですよね・・・

| URL | 2012-04-12(Thu)19:22 [編集]


あと、ちなみにですが、記事冒頭の6008Fは6106Fだと思われます。何度もすいません。

| URL | 2012-04-12(Thu)19:37 [編集]


Re: タイトルなし

はじめまして、
コメントありがとうございます。

色々と面影が残っていて乗ってて面白いものです。

203系の現実はしょうがないですね。

これからもよろしくお願いします。

209kei | URL | 2012-04-29(Sun)12:29 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。