Jabotabek 鉄道ランド

インドネシア・ジャカルタにて元気に運転している日本からの譲渡車両の情報を中心とするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

千代田線6107F&6123Fジャカルタ到着!

こんにちは、

昨日、マンガライ駅へ行ってきました。

目的は先週到着したばかりのメトロ千代田線6107Fと6123Fを見に行くためです。

最近6000系の増備が行われており、最初に来た6115Fと6126Fは既に運用に入っていますが、6106Fと6112Fは改造工事と試運転も終了し、営業運転を待つだけです。

そして先週、ジャカルタに6107Fと6123Fが到着し、これでメトロの6000系は6編成あることとなります。

マンガライ駅構内にある車庫、バライ・ヤサで保留中とのことで行ってみると、いました!!

DSC04851_convert_20120429134040.jpg
6123Fのみ見えます。6107Fはどうやら車庫の奥にいるようです。

DSC04850_convert_20120429134240.jpg
ジャボタベック車両とも対面。

そういえば6112Fが来た時もここで同じように対面したのも思い出します。

ちなみに最初に来た6000系2編成と次に来た2編成とで改造後の外見が若干違います。
6115Fと6126Fは前面の車番が黄色に変更され、投石防止網のふちがシルバーです。6106Fと6112Fは前面の車番は緑のままで、投石防止策のふちが黒色です。こういった違いが見分けられます。

今後の改造後の姿などに注目したいです。

ではでは。。。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。