Jabotabek 鉄道ランド

インドネシア・ジャカルタにて元気に運転している日本からの譲渡車両の情報を中心とするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ジャボタベック豆知識(その6)~帯に小工夫~

こんいちは、

久々に豆知識入りま~すw 6回目です。

最近ジャカルタに来る車両は赤と黄色がベースの色に変更されている車両がほとんどです。
前面は全体を赤色で覆っており、そこに黄色の帯があります。

DSC04425_convert_20120607150909.jpg
こちらは05系です。コタ駅にて。

こちらもここ2年以内に入ってきた車両で、赤をベースに黄色い帯が前面にあります。

赤は目立つ色であり、こちらは遠くからでも車両を見ることのできるようにしてあるそうです。この派手な塗装はそれを理由にしているのです。

ただこれについて、こういうことも言えます:
「よるだといくらライトをつけていても遠くは見えないから赤色にするのは意味ないのでは?」

これだからこそ、この黄色い帯が存在するのです。

え?どういうこと?。。と思っている方、今からそれを証明します。

先ほどの05系を撮影したとき、折り返し停車中だったので、マニュアル設定で、フラッシュを強制発行し、帯部分にあててみました。

すると、出来上がった写真がこれです。

DSC04421_convert_20120607150014.jpg

おや?赤い部分は普通に鮮やかに出来上がりましたが、黄色い帯の部分のみが反射しています。

そうです!!黄色い帯は、実は反射板としての役目があるのです!!

ジャボタベックでは夜間でもテールライトを使うことがなかなかありません。そこで万が一のことを思い、この反射板を投入しました。

これは日本でいる客車や甲種輸送列車などについている反射板と同じ役目です。テールライトがつかない分、反射板で、夜間でも列車接近時にはヘッドライトにより帯の部分が反射し、車両がいるということを知らせるのです。

黄色の帯は元々は単なる元メトロ7000系の有楽町線カラーの面影を利用しているのかと思いきや、こうした小工夫がなされていることは最近になって知りました。ジャボタベックも車両の安全対策はきちんとしていると思います。今後も安全な鉄道であり、利便性を向上すればより皆が使いやすい鉄道になると個人的に思います。

今回はここまでです。

次回もお楽しみに!ジャボタベック豆知識でした。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いわゆる「エセ副都心線色」の前面帯には、こんなからくりがあるのですか~初耳です!!

KRLジャボタベックも安全に配慮しているのがいいですね^^

鉄バス高校生 | URL | 2012-06-09(Sat)22:04 [編集]


Re: タイトルなし

鉄バス高校生様、
コメントありがとうございます。
今後も安全でより快適に使用できる鉄道でいてほしいところです。

209kei | URL | 2012-06-23(Sat)22:15 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。