Jabotabek 鉄道ランド

インドネシア・ジャカルタにて元気に運転している日本からの譲渡車両の情報を中心とするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京メトロ6000系 さらにジャカルタ到着!!

こんばんは、

ジャカルタは最近本当に忙しいですね。。。数週間前に東京メトロ千代田線から6000系2編成(6123Fと6107F)が到着したばかりですが、さらに、同形式の6125Fが今週の火曜日(5月15日)にジャカルタのタンジュンプリオク港に船で運ばれ、日中には10両編成すべてがパソソ貨物駅の線路に載せられました。

パソソ貨物駅とはタンジュンプリオク駅構内入線直前に分岐線があり、その終着駅がこのパソソ駅。貨物駅のため、派手な駅舎もなく、タンジュンプリオクの貨物ターミナルに溶け込むように存在し、僕も初めて行くときに何度もその入り口を通り過ぎているのにもかかわらず、迷いましたww

日本から到着した車両は、船からトレーラー車に載せられ、港から一番近いこのパソソ駅でトレーラー車から線路へ載せられるという作業を毎回行っています。

船が日本を出た時に東京の友人のTさんからその情報の元、ジャカルタの友人のAさんと共に最新情報を待ち構えていたところ火曜日の朝、そのAさんから船が到着したとの情報をいただきました。その日は僕は学校の最後の試験日でもあり、試験終了後速攻で出かけましたが、渋滞などにも巻き込まれ、タンジュンプリオク港に着いたのは13時ごろで10両すべてが港近くのパソソ貨物駅の留置線に載せられておりました。

目的地に到着し、早速撮影開始!!

DSC05003_convert_20120517232900.jpg
6025側 「準急本厚木」行きが到着しましたwww

DSC05012_convert_20120517233519.jpg
弱冷房車。 「弱冷房車」のシールが赤帯を追加した際に邪魔になるので外されると想定し、記念に撮っておきましたww

DSC05019_convert_20120517233846.jpg
6125側面 各種シール類にこの帯の組み合わせは日本でも貴重になってきているのでは?

DSC05051_convert_20120517234122.jpg
6125全面 こちら側には牽引機を連結させるため、連結器を新たに取り付けています。

乗務員室扉はカギがかかっていなかったため、簡単に中へ入れたので迷わず車内も拝見w

臭いが「日本の電車」って感じで懐かしく思いました!w

DSC05069_convert_20120517234428.jpg
車内。ポスター類など、日本で活躍していた車内の雰囲気がそのまま残されており、余計に懐かしく思いました。中には日本での乗客のアブナイ忘れ物(●○マンガ)が荷物棚に置いてありましたwww
ちなみに写真右下にある荷物は僕のです。日本の乗客の忘れ物ではありませんww

DSC05077_convert_20120517234720.jpg
運転台です。小田急乗り入れ非対応車である6125F。運転台のあちらこちらにこれを示すシールが貼ってありました。ただ不思議に思うのが、乗り入れ不可なのに小田急のATS装置更新済みという不思議なことをしてますw

DSC05135_convert_20120517235016.jpg
運転室仕切り。ジャボタベック使用になると上のポスターが女性専用車を示すポスターと号車番号の派手なステッカーに仕切りの扉の窓が黒いフィルムが貼られるのでこの姿は貴重ですw

ちょうど写真などを撮っている最中にマスコミの方や、税関の方々も来ていろいろ話などもしていました。中でも車両の製造時期や日本の電車について語ったりして楽しいひと時を過ごせました。

こういった話を終わった後、税関の方々は、この後一部の車両に税関の検査済みのようなものを示すシールを張っていき、これで10両の車両は正式にインドネシアにて使用可能となりました。

DSC05144_convert_20120517235301.jpg
そのシールを6125の先頭に張っている時。

この後、試験などで疲れたので帰宅し、ぐっすり眠りましたww試験終了祝いに楽しい1日を過ごすことができよかったです。今後の車両の動きにも注目したいです。

今回はこの辺で。。。

PageTop

東葉高速1000系1090F出場!

こんにちは、

最近の出来事でもう一つ話題があります。

東葉高速の1000系は現在老朽化が進み、部品調達にも混乱が続いています。そんな中、3編成中の1090Fがジャカルタに来てから3度目の出場を果たし、営業運転に入りました。

DSC04919_convert_20120429135431.jpg
出場し営業運転に入っている1090F。(出場後)

DSC01595_convert_20120429140754.jpg
ちなみに出場前の1090Fはこんな感じです。

大きな違いはやはり顔面の周りを黒色から赤色へ変更されたことです。これで結構印象が変わったと思います。

そのほかの違いはKereta Apiの新ロゴが側面に着けられ、女性専用車ラッピングが側面では行われております。
細かい変更ではスカートの色がオレンジから赤への変更。また投石防止策もシルバー色から黒色に変更されました。

1080Fもそろそろ入場する時期になってきています。1080Fはどういう姿で出場するか期待したいです。

ではでは

PageTop

千代田線6107F&6123Fジャカルタ到着!

こんにちは、

昨日、マンガライ駅へ行ってきました。

目的は先週到着したばかりのメトロ千代田線6107Fと6123Fを見に行くためです。

最近6000系の増備が行われており、最初に来た6115Fと6126Fは既に運用に入っていますが、6106Fと6112Fは改造工事と試運転も終了し、営業運転を待つだけです。

そして先週、ジャカルタに6107Fと6123Fが到着し、これでメトロの6000系は6編成あることとなります。

マンガライ駅構内にある車庫、バライ・ヤサで保留中とのことで行ってみると、いました!!

DSC04851_convert_20120429134040.jpg
6123Fのみ見えます。6107Fはどうやら車庫の奥にいるようです。

DSC04850_convert_20120429134240.jpg
ジャボタベック車両とも対面。

そういえば6112Fが来た時もここで同じように対面したのも思い出します。

ちなみに最初に来た6000系2編成と次に来た2編成とで改造後の外見が若干違います。
6115Fと6126Fは前面の車番が黄色に変更され、投石防止網のふちがシルバーです。6106Fと6112Fは前面の車番は緑のままで、投石防止策のふちが黒色です。こういった違いが見分けられます。

今後の改造後の姿などに注目したいです。

ではでは。。。

PageTop

205系の置き換えについて半分期待(?)

某鉄道サイトにて、とうとう横浜線と埼京線の205系がE233系に置き換えが始まるとの記事を読み、僕は半分悲しみと半分期待があります。

特に埼京線の205系は結構お世話になり、205系軍団の中でも結構好きな方でした。今度東京に行ったらこのエリアを撮影しに行こうと思います。

期待とのことですが、E233が来ると、余る205系の行方です。205系は相当なジャボタベック車両のほしがっている車両の対象となっています。10両編成である埼京線の205系ですが、6ドア車を抜いて8両とジャボタベックと同じ編成を構成することも可能です。冷房設備も抜群ですし、203系よりかは走行もスムーズではないでしょうか。。。他にも日本国内での行方もあるかもしれませんが、埼京線と横浜線を合わせると相当な205系がなくなることになります。そのためすべてを国内譲渡にもいきませんし、今ジャカルタの人口増加などの対策に車両を増備している中、205系が来てもいいのでは?ジャカルタに新形式が譲渡されるという期待感があるわけです。

ちなみに205系がジャカルタに来たらどうなるか?と想像してみると、こういうのが出来上がりました。

実際に来て同じような改造内容があっても、実車の方がかっこよく見えると思いますけどねw

P1180685_convert_20120415203950.jpg

これはペイントでも編集ですのでそれほどクォリティは高くないですが、だいたいこういう感じだと想像してみてくださいw
個人的に側面のデザインがめちゃくちゃにあってる気がしますw これ、実際に来たら最高だと思います。

203系も個人的にはジャボタベック使用のデザインの方が日本でのデザインより好きなんですw(あくまで個人的な意見です)そのため、205系もいい感じに仕上がるのではないかと思います。

今後の動きに注目したいですね。

今回はこの辺で。ではでは。

PageTop

東海色103系

前回コタ駅に行った理由の一つは103系を見ることでもありました。

ジャカルタの103系は4両編成が4編成あり、そのうちの1編成はほとんどの時にコタ駅とカンプンバンダン駅の間を行ったり来たりする運用に入っています。この運用に入ってるかコタに行ってみるといました!!

DSC04324_convert_20120411233301.jpg
出発待ちの103系高運転台車

4番ホームに停車していました。4両編成の高運転台車でした。東海色としての姿は初めて見ました。側面を見ると本当に名古屋地区にいるような感じです。

DSC04336_convert_20120411233831.jpg
先頭車2両は他の日本車両同様の女性専用車のラッピングがつけられ、東海色とは思えないくらいですw
また、外に表示されている車番は塗装時に消えているため、ekonomi車両と同様のナンバリングをしています。

DSC04328_convert_20120411233409.jpg
この編成は日本時代の幕はほとんど残っておらず、1両だけ「海浜幕張」が表示されていました。


車内のシートモケットも変更されており、女性専用車は赤色を、普通車では薄緑(?)色のモケットになっており、普通車の車内は結構日本で活躍している時代の雰囲気がとどまっている姿です。扇風機の記も「JR東日本」と書いており、車番も車内は日本と同じものが残っていました。つり革は低運転台車のものは現地製のものと取り換えられましたが、この編成は日本時代と同じもので変更はされませんでした。

DSC04330_convert_20120411233510.jpg
中間車の車内

運転台をのぞいてみると武蔵野線の面影がまだ残っており、ここは原型を留めています。ATCの速度制限が表示できる速度計もまだ健在です。

DSC04334_convert_20120411234046.jpg
原型にとどまっている運転台

発車時にホームから離れ、編成全体の写真を収めました。

DSC04347_convert_20120411234408.jpg
カンプンバンダン行き出発。ケツウチですw

平日では特に103系はラッシュ時のみの運転というときもあります。コタ~カンプンバンダン間が終わるとブキットデゥリ電車区に入庫し、夕方ごろに再び出場します。その間、当区間は都営6000系の中間車の先頭車化改造した車両が運転される場合があります。

今回はこの辺で。。。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。